中国の秘密結社の正体
はるか古代から中国を動かし続ける秘密結社をご存知ですか?

それを「幇(パン)」と呼ばれているそうです。

幇とは華人社会特有の仲間内のコミュニティのことらしいですが、幇は中国国内に限らず世界中の華人社会で無数に存在するとのこと。

今回、ご紹介する情報は、幇は幇でも群を抜いて巨大で、実態を誰も知ることのできない秘密コミュニティに関するもの。

それは、青幇と洪門です。

青幇と洪門について正しい情報を持っている人は、世界中にほとんどいません。

巷にあふれている書籍やインターネット記事は想像で書かれているものばかりです。

とりわけ、CIAにとって青幇は因縁の敵。
悪の秘密結社として広く宣伝されているとか。

しかし、青幇と洪門が中国を動かしてきたことはまぎれもない事実らしく、近代で言えば、孫文は洪門、蒋介石は青幇、小平は洪門、そして今の習近平は、、、

果たして、誰も知ることのできない幇の正体とは?

このまま読み進めれば自ずと手に入れることができます。
*終了しました

[PR]
コンプレッサー式除湿機CD-P6311

JUGEMテーマ:ニュース



| ニュース | 00:36 | - | - | ↑TOP -
デリケートゾーンがむずむずするならコレ
デリケートゾーンがムズムズする…集中できない……。
人前でかくことなんてできないし、嫌な感じですよね。

そのムズムズ、双性電解水の『むずむずケア』でスッキリできます!

双性電解水? なにそれ??

初めて聞く言葉で疑問に思われましたよね。

双性電解水とは――

『東北大学と共同研究により誕生した、殺菌効果の高い「酸性電解水」と洗浄効果の高い「アルカリ性電解水」の両方の能力を併せ持つ電解水です。

いままでの電解水は有機物(炭素) を含む化合物には効果が発揮できず、人の肌には使用できませんでした。

しかし双性電解水は有機物(人の肌でも)効果を発揮させることに成功。
酸性とアルカリ性の能力を持ちながらもPH6.5と中性を保つ、肌はもちろん口に入れても無害な電解水が誕生しました。』
参照:美肌日記化粧品むずむずケア | 双性電解水(特許申請済み強除菌水)

なんだか難しいですが、要は【人の肌にも使える新しい電解水がデリケートゾーンをスッキリさせてくれる】、ということですね。

この双性電解水が配合されたケア商品は『むずむずケア』だけ、ということでデリケートゾーンのむずむずにお悩みでしたらおススメです。

⇒ むずむずケア詳細ページ

JUGEMテーマ:ニュース


| ニュース | 11:27 | - | - | ↑TOP -
田中弥生さん死去
24日、評論集「スリリングな女たち」の著者で文芸評論家の田中弥生さんが44歳の若さで死去されました。

肝臓がんだそうで、臓器別では大腸がん、肺、胃、前立腺、乳房に次いで第5位に位置するそうです。

肝炎ウイルスが原因といわれていて、女性よりも男性の方がかかる率が高いとのこと。
肝臓は痛みなどの症状が出にくいので、気づけば高ステージということがありうるので、ある程度の年齢に達したら検査はするべきですね。

しかし44歳。まだまだやりたいこともあったでしょう。
ご冥福をお祈りします。

JUGEMテーマ:ニュース


| ニュース | 01:09 | - | - | ↑TOP -

RECOMMEND
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS